【夏季・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…32講師登壇、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
眼と耳で楽しむ読書術 | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第76回『育てる力』(著:栗山英樹)

第76回『育てる力』(著:栗山英樹)

新年度、今のところ、あまりパっとしない話題が目白押しですが、
明るい話題といえば、やっぱり!
アメリカ・メジャーリーグに移籍した"二刀流"大谷翔平選手の大活躍ですね。
開幕前は活躍を疑問視する声も多く聞かれる中、フタを開けてみたら、
投打ともに、目を見張るような好成績。
アメリカメディアも手のひらを返したように称賛しています(笑)
 
そして、大谷選手の大活躍によって、注目されているのが
彼の二刀流挑戦を後押しし、育て上げた指導者、
プロ野球・日本ハムファイターズの栗山英樹監督です。
 
この監督、若手の育成や登用で定評がありますが、
ぼくには"非常にピンチに強い指導者"という印象です。
就任1年目の2012年、大黒柱のダルビッシュ有投手がメジャーリーグへ移籍し、
窮地が囁かれる中、いきなり優勝。
2016年には、最大11.5ゲーム差を乗り越えて、奇跡の逆転優勝。
今年も、投打の軸だった大谷選手らが抜けて、最下位を予想する評論家も多い中、奮闘。
現在、Aクラスを保ち、優勝を狙える位置に付けています。
 
そんな栗山監督がチームを創り、若い選手を育て上げて勝つための軸にしているという、
秘蔵の一冊があります。
それは『論語と算盤』。
"日本資本主義の父"と呼ばれる渋沢栄一が書いた経営哲学、人材育成の古典です。
 
栗山監督が『論語と算盤』を本格的に読み込んだのは2013年とのこと。
前年の優勝から一転して最下位となり、自分の弱さ、至らなさを痛感。
人間として成長しなければ、監督としての成長もありえないと感じ、
教えを本に求めて、手当たり次第に読んだうちの1冊が、この『論語と算盤』。
一気に読み終え、この一冊こそが現代の日本人を導く書だと確信。
その一行一行に自分の心を重ねていった、という。
 
今回紹介する
『育てる力』(著:栗山英樹)
は「勝てる組織、強い人材」を作り上げるために、『論語と算盤』をどのように
活用しているのかを具体的に綴った一冊。

76-1.jpg
 
 
 
45項目にわたるリーダー論は非常に刺激的、かつ、わかりやすい。
『論語と算盤』が土台であるため、当然ながら大元の『論語』に関する内容も
随時出てくるのも魅力の1つ。
孔子、渋沢栄一、栗山英樹、時代を越えた三代にわたるリーダー哲学が凝集されていると
いっても過言ではありません。
経営者やリーダーにとって、またとない必須の一冊ですね。
 
ちなみに、『論語と算盤』は日本ハムのほとんどの選手に贈られているとのこと。
大谷選手が読んだ感想も、本書にチラっと出てきます。
また、大型新人の清宮幸太郎選手にも2年目を迎える際に贈る予定だそうです。
もし興味を持たれましたら、本書と合わせて、読んでみたらよろしいかと思います。
 
尚、本書を読む際に、おすすめの音楽は
『J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)~インスパイアド・バイ・バッハ~』
ヨーヨー・マ (演奏)

76-2.jpg
 
です。
 
音楽に例えるなら、論語はバッハのようなもの。
そのバッハの世界を巨匠ヨーヨー・マが新たに創造したのが本作。
『論語と算盤』や『育てる力』に通じるものを感じます。
ぜひ合わせてお楽しみください。
 
では、また次回。
 
 
 
 

バックナンバー

2018.05.25
第76回『育てる力』(著:栗山英樹)
2018.04.27
第75回『名刀に挑む』(著:松田次泰)
2018.03.30
第74回『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』
(著:アンソニー・マクカーテン、翻訳:染田屋茂、井上大剛)
2018.02.23
第73回『チャンミーグヮー』(著:今野 敏)
2018.01.26
第72回 『逆転のメソッド』(著:原 晋)
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

本のソムリエ・団長

本のソムリエ・団長 シブヤ駅前読書大学 学長 一里塚華劇団 主宰

パリ、ロンドン、オーストラリア…国内外で活動を展開する、インディーズ・エンタメロックバンド
「一里塚華劇団」を主宰。ボーカル&ギター。

音楽分野のみならず、ラジオDJ、写真家、講演&教育活動、食文化研究家、翻訳家…はじめ、テレビ出演や各雑誌への寄稿など幅広く、ビートルズの ポール・マッカートニー生家で流れる日本語ナレーションも担当するなど、その活動範囲は、とどまるところを知らない。

特に、年間1000冊以上の読書を楽しむ “本のソムリエ” としてつとに著名で、小中学校や教育機関からの、読書授業の依頼が殺到。 活字離れが加速化する現代、独特の読み聞かせを始めとするユニークな授業を通じて、読書と親しむキッカケづくり、日本語教育に情熱を注いでいる。

シブヤ駅前読書大学・学長、NPO読書普及協会・専任講師、文部科学省「青少年のためのオーサービジット」講師、 日本学びテーナー協会・名誉会長、ワクバカアカデミー・主任教授などを兼務。趣味は帽子集め。世界各地の100個以上所有。大の甘党で"スイーツプリンス"の異名をとる。 著書に「夢は見つかる。必ず叶う!」、「わたしの読書日記(寄稿)」などがある。

※本名非公表。“団長”の名は「一里塚華劇団」リーダーの肩書きと芸名も兼ねています
『本のソムリエ団長』ホームページ http://www.honsom.com

本のソムリエ・団長シブヤ駅前読書大学学長の経営コラムに関するお問い合わせ