【夏季・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…35講師登壇、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
眼と耳で楽しむ読書術 | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第56回
『ハーバードの人生が変わる東洋哲学』
(著・M・ピュエット、C・グロス=ロー)

第56回
『ハーバードの人生が変わる東洋哲学』
(著・M・ピュエット、C・グロス=ロー)

国内、海外を問わず、
行った先々で書店を訪れるのが、何よりの楽しみです。
 
まして、読書の秋。
 
書店もいつも以上に気合いが入っている感じがして、
ますますワクワクします。
 
初めての書店では、とりあえず店内を一周ぐるりと
見てまわります。
 
その時、一体どんな本が目に留まるのか?
 
1冊だけのこともあれば、かなり多い時もあり、
内容もさまざま。
 
先日、講演に訪れた新潟にて、
ある本が目に飛び込んできました。
 
正直、あまり読まないタイプの本です。
 
でも、なぜか気になる。
 
通常、そういう時には、とりあえず買い物カゴに
入れるようにしているのですが、
しばし考えた末に、棚に戻しました。
 
気にはなるものの、買っても読まない気がしたり、
あれこれ、ぐちゃぐちゃと考えてしまい(笑)
 
でも、帰る間際に、やはり何か引っかかるものを感じ、
引き返して買うことにしました。
 
結果、正解!
 
その一冊が、今回紹介する
 
『ハーバードの人生が変わる東洋哲学』

tu56-1.jpg
 
です。

 

あの名門ハーバード大学にて、アメリカ人には馴染みの薄いテーマにも関わらず、
なんと学内て?三番目の人気、とのこと。
 
孔子、孟子、老子、荘子、荀子の教え。
 
彼らは一体どこに惹かれるのか?
また、教授はどんな解釈をし、どんな教え方をしているのか?
 
半ば興味本位のような形で読み始めたのですが、
経営者やリーダーにとって、読むに値する一冊だと確信しました。
 
たとえば、
 
(毎日少しずつ自分を変える──孔子と<礼><仁>)
・孔子なら困っている友人をどう助けるか
・<礼>のレパートリーを増やす
・<仁>はまわりに伝染する
 
(心を耕して決断力を高める──孟子と<命>)
・人生の大きな決断で失敗するのはなぜか
・どうすれば自分で<命>を変えられるか
 
(強くなるために弱くなる──老子と<道>)
・気づかれずに相手を変化させる
・本当に強い人はだれか
 
また、
・横柄な上司がいたらどうするか
も一読の価値あり。
 
(「自分中心」から脱却する──荘子と<物化>)
・<道>に従わないのは人間だけ
・自発性を訓練する
 
(「あるがまま」がよいとはかぎらない──荀子と<ことわり>)
・問題が起きたら直せばいい
・今あるものをよくする
 
といったあたりは、業績拡大&改善、人材育成などに
直接つながっていく内容といえます。
 
2000年以上も前の東洋哲学が、
今も古びてないこと、いえ、むしろ今こそ
その知恵が一層活きてくるのでは、と改めて驚かされます。
 
「東洋哲学なんぞ子どもの頃から熟知している」という方も
多くいるかと思いますが、そんな方こそぜひ読んでみていただきたい。
日本人や東洋人による著作とは違う感覚の本ゆえ、
新たな発見を期待できます!
 
そして、東洋哲学はあまり読まない、興味がないという方には、
新鮮な目でお楽しみいただけるはずです。
 
仕事にも、人生にも深く通じるこの一冊、
ぜひおすすめします。
 
 
尚、本書を読むときに、おすすめの音楽は
 
『J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)(期間生産限定盤)』(演奏:ヨーヨー・マ)

tu56-2.jpg
 
です。
 
 
 
東洋の巨匠ヨーヨー・マが、西洋の巨匠バッハの音楽を奏でる。
 
東洋と西洋とのコラボともいうべき、この名演とともに、
ぜひ素晴らしい読書を!
 
では、また次回。
 
 
 

バックナンバー

2017.05.26
第64回 『師弟』(著:野村克也・宮本信也)
2017.04.28
第63回 『ターゲット ゴディバはなぜ売上2倍を5年間で達成したのか?』(著・ジェローム・シュシャン)
2017.03.31
第62回 『感じるままに生きなさい ― 山伏の流儀』(著・星野文紘)
2017.02.24
第61回 『異端のススメ』 (著:小池百合子・林 修)
2017.01.27
第60回 『リーダーの教科書』 (著・室井俊男)
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

本のソムリエ・団長

本のソムリエ・団長 シブヤ駅前読書大学 学長 一里塚華劇団 主宰

パリ、ロンドン、オーストラリア…国内外で活動を展開する、インディーズ・エンタメロックバンド
「一里塚華劇団」を主宰。ボーカル&ギター。

音楽分野のみならず、ラジオDJ、写真家、講演&教育活動、食文化研究家、翻訳家…はじめ、テレビ出演や各雑誌への寄稿など幅広く、ビートルズの ポール・マッカートニー生家で流れる日本語ナレーションも担当するなど、その活動範囲は、とどまるところを知らない。

特に、年間1000冊以上の読書を楽しむ “本のソムリエ” としてつとに著名で、小中学校や教育機関からの、読書授業の依頼が殺到。 活字離れが加速化する現代、独特の読み聞かせを始めとするユニークな授業を通じて、読書と親しむキッカケづくり、日本語教育に情熱を注いでいる。

シブヤ駅前読書大学・学長、NPO読書普及協会・専任講師、文部科学省「青少年のためのオーサービジット」講師、 日本学びテーナー協会・名誉会長、ワクバカアカデミー・主任教授などを兼務。趣味は帽子集め。世界各地の100個以上所有。大の甘党で"スイーツプリンス"の異名をとる。 著書に「夢は見つかる。必ず叶う!」、「わたしの読書日記(寄稿)」などがある。

※本名非公表。“団長”の名は「一里塚華劇団」リーダーの肩書きと芸名も兼ねています
『本のソムリエ団長』ホームページ http://www.honsom.com

本のソムリエ・団長シブヤ駅前読書大学学長の経営コラムに関するお問い合わせ