【7月20~22日】一流の事業家・若手起業家…34講師、経営者600名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
経営に活かす“十八史略” | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

経営に活かす“十八史略”

なぜ、歴史は繰り返すのか──
過去を知ることで、現在および未来に発生する問題の解決に役立てる。これが歴史を学ぶ目的である。
経営指導歴17年、「経営の軍師」の異名を持つ実力経営コンサルタントが、経営者が成功するためには、歴史から何を学ぶべきか、中国4000年の歴史を通して豊富な事例とともに提示する。

最新の記事

最新記事 08/11日更新第30回 情報網を張り巡らす 蘇秦と張儀の成功法

 なるべく血を流さずに勝つには洞察力が必要です。これは、黙って座ればピタリと当たる、といった占いや霊能力などではありません。現象をしっかりと観察し、そこから法則性を読み取る力のことです。  ただ、現象を観察するといっても、1ヵ所でなく、多くの現場を見なければならないこともありますから、集団同士の戦いの場合、一人の目では追いつきません。そこで、   ・情報網を張り巡らせる  ことが必要となります。いかに多くの正しい情報をつかむか。情報をつかむかつかまないかで戦い方は大きく変わって…続きを読む

バックナンバー

2015.07.28
第29回 「死せる孔明、生ける仲達を走らす」 孔明の洞察力
2015.07.14
第28回 「柔よく剛に勝つ」 光武帝の戦争観
2015.06.30
第27回 「泣いて馬謖を斬る」 孔明の決断
2015.06.16
第26回 法を守らせるには 公孫鞅の改革
2015.06.02
第25回 背中で教える 光武帝の教育
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

兵法経営コンサルタント 濱本克哉

濱本克哉氏 兵法経営コンサルタント

「孫子の兵法」はじめ数多くの「兵法」を経営指導に活用して、抜群の成果をあげる兵法経営コンサルタント。

「社長は、月に400時間お客様を回れ!」という現場主義を徹底指導し、事業計画づくりにも僅かな甘さも許さない厳しさに、「経営の軍師」との異名を持つ。
関西学院大学を卒業後、大手流通業に入社。その後、不況にあえぐ中小企業を間近に見て、小さくても強い、「利」と「義」を兼ねそろえた企業を育てなければ日本に未来はない、として、経営コンサルタントを志して独立。 経営指導で日夜奔走する中、「孫子の兵法」との運命的な出会いを機に、その応用活用に傾注。様々な実戦での効果検証を繰り返して、「孫子の兵法」を活かす独自の経営コンサルティング手法を確立。以来、兵法経営として抜群の効果をあげている。 氏は、一貫して「王道経営」を基本に掲げ、儲け主義や浮利を追う経営に警鐘を鳴らす一方、どんな逆境にも決して諦めず、指導先の生き残りのために起死回生の戦略・戦術を練りあげることで定評がある。その情熱的なコンサルティングに、全国から多くの経営者が氏を慕って集まり、指導依頼が絶えない。 著:「孫子の兵法」─社長が経営に活かす70の実務と戦略

兵法経営コンサルタント濱本克哉氏の経営コラムに関するお問い合わせ